保険医療機関 南大阪小児リハビリテーション病院を核として脳性まひによる障害の医学的治療に特化した大阪発達総合療育センター 麻酔科

麻酔科

個々の患者さんの障害の状況と手術内容に応じた麻酔計画をたて、手術中の全身管理だけでなく、術後痛の軽減にも工夫をしています。麻酔法は大部分が全身麻酔ですが、患者さんとご家族が、できるだけ安心して手術を受けて頂けるように心がけています。


基本方針

手術を受けるご本人とご家族の不安を軽減し、術前から術中、術後までの周術期における一貫した安心、安全な麻酔管理と術後管理を提供します。

特徴

オーダーメイドの麻酔管理
個々の患者さんの重症度や術前合併症に配慮し、各個人向けの麻酔を計画し実施します。

小児麻酔
小児に特化した専門の麻酔技術を提供します。

術後疼痛管理
術後の疼痛をはじめとする不快体験を軽減します。

手術中の麻酔管理


麻酔をするときには、HPS看護師のビデオを見ながら眠ります

麻酔中は、手術中の患者さんの状態が安定するように、呼吸・循環状態を中心に麻酔状態を監視し、治療しています。

術後できるだけ痛くないように、神経ブロックを併用します