総合的な診断と最新で専門的な治療で子供達に質の高い医療を提供する大阪発達総合療育センター

児童発達支援事業 (主として重症心身障がい児) なでしこ

なでしこは、5歳児までの未就学児のお子さまで、単独(お預かり)登園で保育を受ける事業です。重症心身障がいがある子どもたちが地域の中で、それぞれの子どもに適した環境のもと、豊かに楽しく過ごすことができるよう、子どもとその家族に対して、生活全般にわたって援助します。


基本方針

【育児支援】

・お子さんのあそび、生活などの様子を観察し、身体と心の発育の理解を
 ともに進めていきます。

・お子さんを安心して預けて頂き、ご家族の生活介護の負担軽減を支援
 します。


【発達支援】

・年齢と障がいの種類、程度を考慮した快適な過ごし方を、お子さま、
 ご家族と共に検討し提供します。

・お子さま、ご家族のニーズのもと個別支援計画を作成し、あそび、
 入浴、排泄、更衣などを中心に、発達に考慮した援助をおこないます。


【地域移行支援】

・適切な時期に、安心して進路選択ができる地域移行を見据え、まずは
 集団適応、社会性をひろげる第一歩目の準備の場所となるように支援
 します。



 

特色

☑土曜日も営業しています。
☑母子分離の単独通園でお食事の提供や入浴のサービスを行っています。
☑機能訓練は同法人のPT・OT・ST・看護師が行っています。
☑健康相談も行っていて経験豊富なスタッフが対応しています。

対象児

☑就学前までの重症心身障がい児の受給者証支給決定を受けている児が対象です。