総合的な診断と最新で専門的な治療で子供達に質の高い医療を提供する大阪発達総合療育センター

当法人は敷地内全面禁煙です。お車での喫煙もお断り致します。

児童発達支援センター(主として肢体不自由児) あさしお園

あさしお園は、大阪市港区にあり、心身の発達に遅れや障害のある乳児期から就学までの大阪市在住の子どもを対象とし、保育やリハビリテーションを中心とした療育を提供しています。
提供支援:児童発達支援・保育所等訪問支援・障害児相談支援
※あさしお園をご利用いただくには、あさしお診療所の受診が必要です。

予約受付時間:月~金 
9:00~17:00


アクセス

所在地 552-0004
大阪市港区夕凪2丁目5番3号
電話 06-6574-2521
FAX 06-6574-2524
アクセス 地下鉄中央線「朝潮橋駅」から
徒歩約5分

基本方針

あさしお園は、子どもたちが地域で豊かに楽しく、主体的に過ごすことができるよう子どもと家族を支援します。
保育、医療、リハビリテーション、心理などの多職種がチームとして、ご家族からの育児の相談や、子どもが日常生活の中で行う様々な活動の成功経験を援助し、心身の豊かな発達を支援していきます。

特徴

育児支援

  • リハビリテーションでは、子どもの潜在する能力を引き出し、お座りや移動すること、手を使うこと、見ること、食べることなどの発達の基盤となる多様な運動経験を積み重ねていきます。そして、抱き方や椅子の工夫、食事やお風呂の入れ方など育児の具体的な方法をお伝えしていきます。また、お母様方が参加し、相互に経験を出し合えるような講座や、子どもの障害を理解しやすくなるような体験学習の場を企画しています。
  • 保育では、子育てにおける不安に応えながら、低年齢の子どもたちには、母子保育でお母さんとの関係を大切にしながら遊びます。楽しめる遊びを工夫すると共に、次のステップとして母子分離保育を導入します。お母様方が子どもの様子を客観的に捉える目を養います。
  • 運動会や生活発表会などの行事を通して、子どもの成長をご家族と共有します。

発達支援

  • リハビリテーションでは、日々の育児でご家族との相互作用を通して経験を積み重ねる乳幼児期、子ども集団への参加と機能の発揮を促す幼児期、学校にむけて就学準備を進める時期など年齢ごとの課題を意識して取り組みます。ご家族のご要望をお聞きしながら目標を定め、子どもの興味や欲求を引き出すような具体的な援助方法を検討し、活動が成功するように椅子や器具の作製なども段階を追って進めていきます。また、生活の場である保育の中で、獲得された子どもの能力が発揮され適切に積み重ねができるよう、保育士と協同で活動の成功を支援していきます。
  • 保育では、年齢と障害の種類・程度を考慮したクラス編成(年齢別基礎集団、課題別保育集団、個別保育)で、発達を促します。
  • 個別療育計画を年度ごとに、ご家族と共に作成し、達成度合いを確認し合いながら、日々の療育に取り組みます。

地域移行支援

  • 地域生活に向け、卒園したご家族の体験談や、移行に必要な情報を提供する講座を行います。移行のための課題を整理し、チームで計画的に準備プログラムを作成し取り組みます。
  • リハビリテーションでは、獲得した能力を地域子ども集団において発揮できるために、生活場面に即した移動、上肢機能、意思表出の方法などについて引き続き支援していきます。
  • 保育所、幼稚園に通っている子どもを対象に、保育士がその施設を訪問します。子どもの様子、介助方法、椅子や器具の使用方法の伝達と適合状況の確認などをさせていただきます。解決すべき課題がある場合は、リハビリテーション、心理、看護などの専門スタッフと援助方法を検討し、保育所や幼稚園の先生方と連携を図っていきます。