総合的な診断と最新で専門的な治療で子供達に質の高い医療を提供する大阪発達総合療育センター

地域医療連携部

肢体不自由や重症心身障害の子どもたちの在宅生活支援を目標に設置された部門です。特に近年NICUに長期入院されていた、医療的ケアが必要な子どもたちが、小児在宅医療の広がりと共に、それぞれの家庭でご家族とともに社会生活をされるようになってきました。その生活を訪問看護、訪問リハビリ、ショートステイ、通所や入所などの支援で、長くスムーズに行えるよう、各医療機関、保健所、訪問介護や他の福祉機関と連携を取りながら、相談サービスを提供します。さらに訪問診療科が新設され、サービスの幅が広がろうとしています。今後も小児科や整形外科、さらに訪問看護ステーションとも連携しつつ、子どもたちとご家族にとっての最善を ともに考えてまいります。


基本方針

「子どもの最善の利益」は、地域社会や家庭で愛する家族と共に生活すること。その理念の基に、多職種が共同して多面的に専門的な在宅生活支援を行います。

特徴

医療相談室は、ショートステイ(レスパイトを含む)の利用、通所や通園、入所や入院、外来受診、外来リハなど、在宅支援も含むあらゆる医療・福祉サービスや支援制度などの相談に応じます。

訪問看護ステーション「めぐみ」では、医療的ケアを含む在宅生活をする皆さま方の安全・安心を支援するために、専門の看護師やリハスタッフが家庭に訪問し、ご本人の在宅生活やご家族のレスパイトを支えます。