総合的な診断と最新で専門的な治療で子供達に質の高い医療を提供する大阪発達総合療育センター

ふたば生活

育児支援

両親教室

社会資源や育児に必要な情報などを、月1回程度専門スタッフが提供し、必要な時期に利用できるよう準備します。

例)

健康管理について
緊急時対応について
制度について
講師:小児科医師
講師:小児科医師
講師:医療
ソーシャルワーカー

懇談会

年に2回、保護者・保育士・看護師・リハビリスタッフ等同席のもと、お子さまの現状や課題を共有・確認します。それをもとに年齢・障害の種類と程度を考慮した「個別支援計画」を作成し、家庭生活や遊びを支援します。

ママグループ

お子さまから離れて、情報交換や精神的負担の軽減を目的にお母さま同士でお話をする時間です。日頃心の中で思っていること、気になっていることなどを、臨床発達心理士を交え語り合います。

保護者控室

お子さまが午睡をしている間、お母さま方に食事や休憩をとっていただくお部屋です。お母さま同士の情報交換の場にもなっています。


家庭訪問

ご家庭に訪問し、家庭での過ごし方や地域の環境を把握し、療育に活かします。


発達支援

豊かなことばと表現力を育てる

年齢別保育

乳児(0~2才児)・幼児(3~5才児)にわかれ、集団を活かした遊び、季節の遊びを通して発達を促します。

グループ保育

保育士とリハビリテ―ションスタッフが共に専門領域を活かしながら、生活・あそびを総合的にサポートし発達を促します。


個別保育

月2回程度、お子さまの課題に応じた遊びを提供し、発達を促します。

課題別保育

様々なテーマの中から参加するプログラムを選択していただき、テーマに沿った遊びを通しお子さまの発達を促します。


他にも・・・季節を感じ、五感に働きかけるような取り組みをたくさんしています。

  • 春:お散歩・公園などの園外保育
  • 夏:ボディペインティング・プール
  • 秋:運動遊び・食材遊び
  • 冬:お正月遊び・鬼遊び

一日の流れ

行事

    
4月 入園式
5月 春の遠足
7月 夏祭り
8月 プール保育、すいか割り
10月 運動会
11月 クッキング、お別れ遠足(5歳児のみ)
12月 クリスマス会
1月 おもちつき
3月 卒・退園式
           

クリスマス会

     


地域移行支援

就園に向けて(地域の保育所・幼稚園に移行を希望されている方)

交流保育

当センター近くにある「新生保育園」の5歳児の子どもたちと一緒に遊びます。季節の取り組みなど様々な遊びを行います。

両親教室(OG座談会等)

ふたばを卒退園され、地域の保育所・幼稚園などに通われているOG保護者の方々に体験談や進路に関するお話をしていただきます。

保育での取り組み

お子さまが地域の中で過ごしやすいよう、保護者の方と共にサポートブックを作成するなど地域移行後の生活を見据えた支援を行っています。


就学に向けて(ふたばを経験し、地域の小学校・特別支援学校に進まれる方)

両親教室(制度について、OG座談会等)

就学に向けての手続きについての講座や、ふたばを卒退園され、地域の小学校・特別支援学校に通われているOG保護者の方々に体験談や進路に関するお話をしていただきます。

「学校ごっこ」

ふたば通園児・保育所等訪問支援事業を利用している5歳児の子ども達にむけて、リハビリテーションスタッフが就学を見通した取り組みを提供しています。



保育所等訪問支援事業(通称:みつば)

保育所訪問

保育所等への電話や、必要に応じて地域保育所等に訪問支援員が訪問します。 環境を把握した上で、生活場面の中での介助方法や活動の参加の仕方、生活における様々な問題や課題を共有し、集団生活への適応を図ります。

懇談会

地域保育所等での個別指導計画に基づき、保護者と共に個別支援計画を立て、保育所と当センターの連携を図っています。地域保育所の先生にも参加して頂く場合もあります。     
        

両親教室

社会資源や就学準備の情報(ふたばを経由し地域小学校や支援学校に通われているお子さまを持つ、お母さまを交えての座談会など)、またふたばで開催している各種講座に参加していただくことができます。

研修会

保育所・幼稚園の職員を対象に、当センターの医師・リハビリスタッフ・保育士等が、障害の理解を深めていただくことや、また施設間の交流などを目的に研修会を実施しています。