総合的な診断と最新で専門的な治療で子供達に質の高い医療を提供する大阪発達総合療育センター

児童発達支援センター(主として肢体不自由児) ふたば

心身の発達に障害をもつ就学前(1歳~5歳)の子ども達が、それぞれの子どもに適した環境のもと、豊かに楽しく主体的に過ごすことができるよう、子どもとその家族に対して、生活全般にわたって支援します。


基本方針

・育児支援
・発達支援
・地域移行支援
相談支援

特徴

育児支援

低年齢から親子で通い、お子さまの身体や発育の理解をともに進め、楽しい育児ができるように支援します。また、社会制度や社会資源などの情報を提供し、必要な時期に利用できるように準備します。

発達支援

保育・リハビリテーション・看護・臨床発達心理士の専門スタッフが、ご家族とともに「個別支援計画」を作成し、将来を見通した療育を進めます。 年齢・障害の種類と程度を考慮して発達を促し、社会生活や遊びを援助していきます。

地域移行支援

適切な時期に、地域で安心して進路の選択ができるよう、地域移行を見据えた療育を入園時から取り組んでいきます。進路に合わせたコミュニケーション・集団適応など、社会性や学習能力を準備します。

保育所等訪問支援事業(通称:みつば)

「ふたば」を卒退園後、地域の小学校・幼稚園・保育所・子ども園に通われているお子さまが、楽しく安全に生活を送れるよう、環境を考慮し一人ひとりに合わせた支援方法を小学校・幼稚園教諭、保育所保育士とともに考えます。