保険医療機関 南大阪小児リハビリテーション病院を核として脳性まひによる障害の医学的治療に特化した大阪発達総合療育センター 薬局

薬局

医師が発行した処方せんにしたがってお薬を作ることを、調剤といいます。薬剤師は、まず受け取った処方せんに記載されたお薬について、使い方が適切であるか、飲み合わせに問題はないか、重複していないかなどを確認します。また、錠剤のままではお薬が飲めない方や経管チューブを使ってお薬を服用されている方も多く、個々に応じた細やかな調剤も必要とされます。
私たち薬剤師は、安全と確実にお薬を使用できる環境づくりに日々努めています。


基本方針

お薬は、皆さんの健康状態に直接影響します。
薬局では、お薬を通じてチーム医療をサポートしていきます。

特徴

正確な処方箋監査と調剤(必要に応じて1パッケージ調剤)

適切な服薬支援(適切な剤形の選択など)と情報提供

お薬の適切な品質と在庫管理

各種委員会への参加(医療安全・感染管理・栄養管理など)

縁の下の力持ち

設備


薬品の管理はきっちりと。確かな処方と確かな服薬を支援しています。


必要量に合わせて、正確に調剤していきます。