脳性まひによる障害の医学的治療に特化した保険医療機関 南大阪小児リハビリテーション病院の役割

保険医療機関 南大阪小児リハビリテーション病院

役割

地域における運動器障がい児者を支援するネットワークを構築し、適切な医療を提供すると同時に、保健・福祉に関わる支援をおこない、地域の全ての方々が健やかに生活できる一端を担います。

基本方針

運動器障害を有する[色々な病気1]に対して、的確な診断と病態把握・治療・長期展望などをわかりやすく説明し、患者さんを支援します。その上で、異なる障害をもった様々の子ども達に、それぞれに、[最も適した治療]を提供し、その子ども達の[QOLの向上]を図ります。

外来診療のご案内

整形外科

整形外科

特に小児の特長である成長および発達の問題を十分に考慮したうえで治療が行われます。

小児科

小児科

脳性まひ児など特に運動面で発達に問題があるお子さんの診察が中心となります。

障がい児歯科

障がい児歯科

心身障がい児のう蝕、歯周疾患、口腔疾患の予防を中心とした低年齢からの歯科管理 を行っています。


※児童精神科は 外来診療 をおこなっておりません。

部門のご案内

医務部門


※病棟回診:眼科・耳鼻科・皮膚科

医療技術部門

リハビリテーション部


リハビリテーション部では、早期治療から長期フォローまで、ボバース・コンセプトに基づく 神経生理学と発達学との融合させた質の高い治療を提供すべく、現場主義での療法士の育成に力を注いでいます。


看護部

介護/療育部

私たち看護部は障害をもつ人々の発達と安全で楽しい生活が送れるよう療育看護を通して支援します。
一人ひとりの個性に寄り添った看護に取り組み、看護職のステップアップをサポートします。


介護/療育部門

看護部

療育部門では、入所されている幼児から大人の方一人ひとりその人らしさを大切に考え、日々の中で生きる楽しさを共感しながら日常生活支援を行っています。



入院・入園のご案内

わかば

医療型障がい児入所施設
(主として肢体不自由児)

わかば

入院を必要とする検査・整形外科手術・集中リハビリテーション等を目的として入院治療をおこない、身体機能の向上・改善を図る。

フェニックス

医療型障がい児者入所施設
(主として重症心身障がい児)

フェニックス

患者さん一人ひとりが、安心して安全な生活を過ごして頂ける事をモットーに、こころをこめたケアで日常生活の援助を行なっています。


通園・通所施設のご案内

ふたば

児童発達支援センター

ふたば

ふたばは、就学前の子どもたちが地域や小学校で豊かに楽しく主体的に過ごすことができるよう、様々な専門職が関わり、生活全般にわたって支援します。

あさしお園

児童発達支援センター

あさしお園(港区分園)

あさしお園は、大阪市港区にあり、心身の発達に遅れや障害のある乳児期から就学までの大阪市在住の子どもを対象とし、保育やリハビリテーションを中心とした療育を提供しています。


ふたば

児童発達支援事業

あおば

あおばは、重症心身障がいをもつ子供たちが、豊かに楽しく主体的にすごせるよう、生活全般にわたって援助します。

あさしお園

児童発達支援センター

ゆうなぎ園(港区分園)

「ゆうなぎ園」は、聞こえやことばに障害があるお子さんが通園する施設です。


地域医療連携


地域医療連携部は、訪問看護、訪問リハ、ショートステイ、通所や入所などの支援で長くスムーズに行えるように、医療機関、保健所、訪問介護や他の福祉機関と連携を取りながら相談サービスを提供します。



[色々な病気1]
先天異常や中枢性運動神経疾患・神経筋疾患・小児整形外科/小児科疾患などを含みます。すなわち、
① 先天異常:先天性外表異常(二分脊椎症・肢欠損・多指症・合指症など)・染色体異常など
② 中枢性運動神経疾患:脳性まひ・後天性低酸素脳症・頭部外傷後遺症など
③ 神経筋疾患:シャルコーマリートゥース病・脊髄性痙性まひ・脊髄小脳変性症など・筋ジストロフィ・種々の良性筋疾患など
④ 小児整形外科疾患
⑤ 小児科慢性疾患など
[最も適した治療]
患児の年齢・障害度(運動機能レベル)により、それぞれの治療ゴールは大きく異なります。一律に同じ内容の治療を進めるのではなく、個々の患児にそれぞれ固有の治療プログラムを打ち立て、一人ひとりの患児に、最も適切な治療プログラムを用いて治療します。
[QOLの向上]
これまでの多くの治療(手術・リハ・装具など)は、跛行や変形を矯正する目的でおこなう、といった考え方で勧められてきました。
私達は、これらに加えて、つかまり立ちの安定化や座位の安定化、また寝たきりの方を座位で1日を過ごす生活パターンに変える、などの治療をも試行錯誤を重ねつつおこなってきました。すなわち、より豊かで快適な1日を演出するための治療とも云うべきものです。
これらは、患者さん方の「生活の質」をより高めるものと考えています。