保険医療機関 南大阪療育園を核として、脳性まひによる障害の医学的治療に特化した大阪発達総合療育センター

お知らせ

Webページ『こどもの手や足の病気』紹介

当センターの川端秀彦院長が監修したWebページ『こどもの手や足の病気』をご紹介します。


先天異常に関する様々な情報が載っております。
ぜひご覧ください。

セカンドオピニオンを希望される方へ

 南大阪小児リハビリテーション病院では、セカンドオピニオン(第2の意見)を求める患者さんやそのご家族に対して、当センターの専門医が他の医療機関の病状説明書その他の診療に関する資料に基づき、診療及び現在又は将来の治療法について意見を提示する「セカンドオピニオン制度」を実施しています。この制度が、ご家族が納得できる医療を選択する手助けになればと考えています。

 受診される際には、あらかじめ現在おかかりの医療施設の主治医からの診断や治療に関する情報(診療情報、検査所見、画像データなど)が必要です。その資料に基づき当センターの専門医が所見の検討を行い、面談時に直接ご説明いたします。


・対象

小児整形外科・小児科を対象とします。

なお、専門外の場合はお受けできない場合もあります。

また、以下の場合は対象となりません。ご了承ください。

①現在治療を受けられている医療機関に対する不満や苦情、医療訴訟を目的とする場合

②死亡した患者様を対象とする場合

③医療費用の内容、医療給付に関わる場合

また、セカンドオピニオンの内容は、現在受診されている主治医にご報告いたしますので、予めご了承ください。

 

・必要資料

診療情報提供書

※画像データ、検査データはお持ちの場合はご提出ください。

 

・相談料、相談時間

21,600円(本制度は健康保険適応外となり、全額自費となります。

なお、相談時間は原則1時間以内となります。

 

・ご利用手順

セカンドオピニオンをご希望の方は、まず

地域医療連携室 セカンドオピニオン担当

TEL06-6699-8731 代表)

受付日時 月~金曜日  9:00~17:00

にご連絡ください。

当センターでセカンドオピニオンが可能な場合

1.セカンドオピニオン申込書をFAXまたは郵送にてお送りください。

ご希望の日時等がありましたら、ご記入ください。

申込書は下記PDFをダウンロードしてください。また、当センターよりFAXや郵送でお送りすることも可能ですのでお問い合わせください。

同時に、現在治療を受けておられる医療機関の主治医に当センターでセカンドオピニオンを受けたい旨をお申し出ください。またその際に、上記の診療資料を用意していただくよう主治医にご依頼ください。

2.地域医療連携室より、医師面談日時をご連絡いたします。

疾患によりましては、事前に診療資料をお送りいただく場合もございます。

3.相談当日は、予約時間の10分前に受付窓口にお越しください。係の者が相談室へご案内いたします。


    セカンドオピニオン申込書.pdf


機関紙「葦」24号 を掲載しました。

大阪発達総合療育センターが発行しております機関紙「葦」24号を掲載しました。
 
こちら からご覧ください。