保険医療機関 南大阪小児リハビリテーション病院を核として脳性まひによる障害の医学的治療に特化した大阪発達総合療育センターの整形外科

整形外科

大阪発達総合療育センターの整形外科では、小児整形外科全般にわたる診療をおこなっています。とくに、脳性まひに代表される乳幼児中枢性運動神経まひに対する診断と治療に力を入れており、専門外来として「プレーリーくん側弯外来」「ボトックス外来」「装具外来」などによるサポートも充実しています。


基本方針

乳幼児期からの色々な病気2(整形外科が関与する疾患など)に幅広く対応し、診断・治療・長期にわたる追跡・展望に関わり支援し、子ども達のQOLの向上を図ります。

特徴

小児整形外科 全般にわたって 診療しています。

脳性まひに代表される乳幼児中枢性運動神経まひに対する診断と特化された治療の実践。

痙性まひに対する(ボトックス注射+リハビリテーション)による効率的な短期集中治療。

中枢性運動神経まひに起因する脊柱側弯症に対する包括的治療(プレーリーくん側弯外来および短期集中リハ入園)の展開。

QOLの向上目指した整形外科手術治療により、座位姿勢の安定化・立位姿勢保持の向上・移乗動作や床上動作の安定化を図り、その子どもの持つ運動機能の適正化を目指す。

補装具や日常生活用具等を効率的に使用し、運動機能 および QOLの向上を補足する(補装具・日常生活用具等)。

設備

手術室

手術室



麻酔科医・整形外科医・看護師による手術中の様子


色々な病気2
①よく相談に来られるもの(生理的内反膝・内股歩き・外反扁平足・成長痛(心因性疼痛)など)
② 小児整形外科疾患(先天性股関節脱臼・先天性内反足・二分脊椎症・骨折・その他の先天異常(多指症/合指症・多発性関節拘縮症・骨系統疾患など)・外傷およびその後遺症など
③ 神経まひによる運動障害(脳性まひなどの中枢性運動神経まひ・神経筋 疾患・その他 外傷による神経まひなど)
QOLの向上
これまでの多くの治療(手術・リハ・装具など)は、跛行や変形を矯正する目的でおこなう、といった考え方で勧められてきました。
私達は、これらに加えて、つかまり立ちの安定化や座位の安定化、また寝たきりの方を座位で1日を過ごす生活パターンに変える、などの治療をも試行錯誤を重ねつつおこなってきました。
すなわち、より豊かで快適な1日を演出するための治療とも云うべきものです。
これらは、患者さん方の「生活の質」をより高めるものと考えています。
特化された治療
ボバース概念に基づく理学療法・作業療法・言語療法(摂食嚥下療法を含む)を中心に、必要に応じて ボトックス注射・整形外科手術・補装具等を適切に駆使し、高度に特化された統合的な脳性まひ治療をおこないます。
ボトックス注射
脳性まひなどに見られる強い四肢体幹筋の痙性による多彩な障害に対して、ボツリヌス菌(食中毒を起こす菌の一種)菌毒素製剤を当該筋に注射し、一時的に筋肉の痙性を押さえて障害を軽減させる治療。
同時に集中的な理学療法や作業療法が必要である。
尖足・鋏あし歩行・股関節や膝関節の屈曲変形・股関節内転変形・高度の肩甲―胸郭関節の後退などに対して投与することが多い。
年長児では、外来注射でも可能である。
プレーリーくん側弯外来
中枢性運動神経まひに起因する脊柱側弯症に対する、包括的治療(プレーリーくん側弯外来および短期集中リハ入園)を展開しています。
※特許第4747327号  側彎矯正装具「プレーリー」
脳性まひなどに見られる まひ性脊柱側弯症 の保存的治療として、当園の梶浦が開発した動的脊柱装具(愛称 プレーリーくん)を装用している患者さん方を専門に診る特別クリニック
(担当医師 :梶浦・森口(大阪大学整形外科)・松山)
予約制。
QOLの向上
これまでの多くの治療(手術・リハ・装具など)は、跛行や変形を矯正する目的でおこなう、といった考え方で勧められてきました。
私達は、これらに加えて、つかまり立ちの安定化や座位の安定化、また寝たきりの方を座位で1日を過ごす生活パターンに変える、などの治療をも試行錯誤を重ねつつおこなってきました。
すなわち、より豊かで快適な1日を演出するための治療とも云うべきものです。
これらは、患者さん方の「生活の質」をより高めるものと考えています。
整形外科手術治療
脳性まひにしばしばおこなわれる 下肢の軟部組織解離術(縮んだ筋(すじ)を切り延ばす手術:股/膝/足関節周辺に多い)・骨切り術(歪んだ骨を直す手術)や、小児整形外科疾患における手術(股関節脱臼に対する脱臼整復術・内反足などの変形を治す手術・短縮した骨を延ばす骨延長術・骨折変形に対する整復固定術 など)などが挙げられます。
補装具・日常生活用具等
補装具 ①(装具ともいう)身につけて体重支持や関節の安定性の補助、関節運動のコントロールを図ることを目的とするもの(義肢・体幹装具・上肢装具・下肢装具など)。まひ性変形に対する装具の変形予防・変形矯正の効果については非常に疑わしい。
補装具 ② 車いす・座位保持装置・歩行器・歩行補助杖などがある。 日常生活用具 ~ 特殊ベッド・褥瘡予防用具・手すり・腰掛け便座・特殊尿器・入浴補助用具など。
※補装具は法律用語で上記①②を含む。装具は医学用語。