保険医療機関 南大阪小児リハビリテーション病院を核として脳性まひによる障害の医学的治療に特化した大阪発達総合療育センター 小児科

小児科

当法人の小児科では、脳障害のある子どもたちに発生しやすい症状に対して「専門外来」診療も行っております。主な専門外来は、発達神経外来、呼吸ケア外来、摂食・嚥下外来です。サポートのバックヤードとして、療育支援や在宅支援・訪問看護なども備え、充実したケアを行っています。


基本方針

ひとりひとりの個性に寄り添った総合的な医療にチームでとりくみます。

特徴

発達評価
現在の状態を的確に評価し必要な支援をおこないます。

発達・療育支援
リハビリテーションや通園などを通して、発達や療育支援をおこないます。

地域・在宅支援
訪問看護・訪問リハビリテーション・訪問診療・短期入所などを通して、地域の中で医療的ケアが必要な子ども達の在宅生活を支援します。

専門外来
発達神経外来 : 適切な発達の評価やてんかんなどの治療をおこないます。
呼吸ケア外来 : 呼吸に関する様々な問題に取り組んでいます。
摂食・嚥下外来 : 摂食・嚥下機能評価をおこない、安全で質の高い食事を目指しています。

待合室・診察室


広々とした診察室。患者さんと先生と親御さんも一緒に診察しながら、色んなご相談。


各専門職からの視点からお子さんの発達を見通し、
個々に合ったプログラムを作っていきます。