脳性まひによる障害の医学的治療に特化した大阪発達総合療育センター 理学療法科(PT科)

理学療法科(PT科)

当センターにおける理学療法(PT)は、呼吸など生命を維持する機能の改善や維持、座る・立つなど基本的な運動機能の獲得と日常生活での運動機能の発揮と維持、変形・痛みなどの二次的な障害の予防と改善を目的として、潜在的な基本的運動能力を促進し、機能の獲得・改善・維持に結びつける運動療法と様々な生活上の提案を行います。

乳児期の基本的運動能力の促進と育児支援、幼児期・学齢期の運動機能の獲得や発揮と保育所や学校への参加支援、学齢期以降の機能低下・介護負担の増加・二次障害の出現に対する予防や改善と、乳児期から成人期まで長期間にわたって常にご本人とご家族の生活に役立つ個別理学療法の実践に努めます。



特徴

一人ひとりの障害や年齢、生活環境の違いから生じる特有のニーズを踏まえて個別の理学療法プログラムを展開します。

実際の理学療法では、潜在する基本的運動能力を評価し、最大限に促進し、生命維持機能の改善・維持、運動機能の獲得・改善・維持を行います。

並行して、日常生活での適切な介助や姿勢設定、機能の発揮の方法に関して具体的で実現可能な提案を行います。

医師と器具・補装具の必要性や適応を検討し、作成を提案したり、適合を評価し、日常生活での効果的な使用を援助します。

変形など二次的な障害の危険性を予測し、予防的な運動療法の展開と身体状態を維持する姿勢設定や運動の提案を行います。

機能の低下・介護負担の増加・二次障害の出現に対して、改善のための運動療法の展開と日常生活での介助や姿勢設定、機能の発揮を見直し、適切な方法の再提案を行います。

職員紹介

科長 海瀬一典

リハビリテーション部と訪問看護ステーションめぐみとの兼務をしています。この地域にお住まいの赤ちゃんから成人の方まで、在宅でリハビリテーションが必要な方々に理学療法士として生活でのリハビリを提供しています。センターの駐輪場付近で自転車にまたがっている姿を見かけたら私です。理学療法のことや訪問看護のことについて何かありましたら、どうぞ気軽にお声をかけて下さい。


科長 粂玲子

当センターで経験させていただいた、0歳の赤ちゃんから40代、50代の中高年の方々との経験を生かし、長期的な見通しを持った治療を通して、子どもたちやご家族が、共に楽しく暮らしていけるお手伝いをしたいと思っています。特に、不安いっぱいで、初めて受診された赤ちゃんとお母さんに、元気になってもらいたいと思っています。


取り組み

赤ちゃんとうつ伏せの練習をしている場面です。首のすわりや座ること、立つことがうまくできるよう、お母さんとお家でできる遊びを提案しています。

座ることの練習場面です。筋肉や関節の動きを引き出すためにも、「見ること」や「手を使うこと」とともに促すことが重要です。

立ったり歩いたりすることが上手くなるように、楽しい理学療法を心がけています。少しずつですが、物につかまらずに立てるようになってきました。

重い障害のある方々が機能的に活動し、健康で過ごすために様々な姿勢に馴染めるよう身体の動きを引き出しています。

歩行器歩行の練習場面です。下肢の支持性向上、移動手段や運動量の確保、レクリエーション、家庭での介助方法の検討など、目的に応じて実施しています。

ご家族の皆さんが、楽しく過ごしやすくなるようにご本人とご両親とともに考え、問題解決に向かえるように進めていきます。