保険医療機関 南大阪小児リハビリテーション病院を核として脳性まひによる障害の医学的治療に特化した大阪発達総合療育センター 外来担当医師

外来診療-担当医師

各分野にまたがる多彩な医師を紹介致します。

整形外科

       

梶浦 一郎

経歴

昭和33年 大阪大学医学部卒業
昭和45年5月 聖母整肢園 園長
昭和58年 愛徳福祉会 理事長 ボバース記念病院 院長

専門・専攻分野

小児整形外科
神経リハビリテーション

専門医、所属学会等 日本整形外科学会
日本リハビリテーション学会
日本側弯学会
ご挨拶

患者さんへのメッセージ
気軽に利用してください。


医療関係者へのメッセージ
多大のご協力を感謝します。

鈴木 恒彦

経歴 昭和45年3月 東北大学医学部卒業
同年4月 聖路加国際病院研修医
昭和50年3月 医学博士(東北大学)
同年4月 宮城県整肢拓桃園医長
平成4年8月 ボバース記念病院副院長
平成8年10月 同院院長
平成14年7月 大阪府立身体障害者福祉センター所長兼同付属病院院長
平成19年4月 大阪府立急性期・総合医療センター副院長 兼 障害者医療・リハビリテーションセンター長
平成21年9月 NTT東日本東北病院 整形外科部長・リハビリテーションセンター長
平成24年5月 大阪発達総合療育センター センター長兼南大阪療育園園長
専門・専攻分野 小児整形外科・リハビリテーション(脳性まひ、脳卒中、骨・関節、装具他)
専門医、所属学会等 日本整形外科学会専門医・指導医、日本リハビリテーション医学会専門医・指導医、日本神経学会、日本小児神経学会
自著論文 脳性まひ児の家庭療育(翻訳共書)(医歯薬出版)、
脳卒中の治療・実践神経リハビリテーション(市村出版)
ご挨拶

患者さんへのメッセージ
障害のある子ども達の療育(リハビリテーション)は一人ひとり異なります。劇的に治る方法とか、これだけやっていれば十分などというものは世界中ありません。障害の特徴をできるだけ見極めて、ご家族と一緒に考えてテーラーメードの療育サービスを心がけたいと思います。


医療関係者へのメッセージ
ガイドライン等で示されている机上の治療やリハビリテーションと、現場で実際行われている療育はずいぶん異なります。当センターで行われている多職種による療育は、実践的チーム医療の原点となる部分が少なくありません。小児リハビリテーションに関心のある方は、一度ぜひご経験いただければ幸いに存じます。

川端 秀彦

経歴 昭和55年 大阪大学医学部卒業
昭和61年 大阪大学医学部大学院博士過程修了
昭和61年 大阪大学医学部整形外科
昭和63年 メルボルン セントビンセント病院 留学
平成3年  大阪府立母子保健総合医療センター整形外科
平成27年 現職
専門・専攻分野 手外科,小児整形外科
特に 四肢先天異常,分娩麻痺,骨延長・変形矯正
資格 日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
学会活動 日本手外科学会 代議員・前副理事長
日本小児整形外科学会 評議員・前理事
日本創外固定骨延長学会 評議員
平成26年 第27回日本創外固定・骨延長学会 学術集会 会長
Asia Pacific Pediatric Orthopaedic Society 日本代表・Life member
International Federation of Pediatric Orthopaedic Societies アジア地区代表
International Federation of Societies for Surgery of the Hand
患者支援活動 先天性四肢障害児父母の会 メンバー医師
Editorial Board・英文査読 Journal of Hand Surgery Asian-Pacific Volume
Journal of Pediatric Orthopedics, American volume
Journal of Pediatric Orthopedics, European volume
Journal of Children's Orthopaedics
Journal of Orthopedic Science
ご挨拶

患者さんへのメッセージ
四肢先天性障害児の外科的治療を中心に,幅広く小児整形外科を扱っています。


美延 幸保

経歴 昭和54年 奈良県立医科大学卒業
昭和55年 大阪大学整形外科教室入局後 大阪警察病院整形外科
     大阪厚生年金病院、南大阪療育園、浅香山病院
平成4年 南大阪療育園整形外科勤務となり現在に至る
専門・専攻分野 小児整形外科
専門医、所属学会等 日本整形外科学会整形外科専門医
日本リハビリテーション医学会臨床認定医
ご挨拶

患者さんへのメッセージ
障害のある子ども達の育ちを御家族とともに我々がチームとして応援し支えることができればと考えています。


医療関係者へのメッセージ
脳性まひや二分脊椎を中心とした運動機能障害のある子ども達の診断治療を行っている病院です。リハビリテーションを中心に装具療法・手術治療などで機能の向上をめざすことで子ども達の育ちを応援しています。子ども達との関わりは長く、成人になっても続くことがあります。子ども達が自分達の体や環境を如何に感じてどのように体を動かしているかということを評価し、モチベーションを育てながら治療を行っています。手術治療も術前術後のリハビリテーションを行ない術後のケアにも十分配慮しています。今後も小児整形外科疾患を中心とした治療に取り組んでいきたいと思います。

松山 元昭

経歴 平成5年 愛媛大学医学部卒業
大阪大学整形外科教室入局後、ボバース記念病院、大阪大学医学部附属病院、国立南和歌山病院、森之宮病院など勤務。
専門・専攻分野 小児整形外科、リハビリテーション
専門医、所属学会等 日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会など
ご挨拶

患者さんへのメッセージ
インフォームドコンセントやセカンドオピニオンなどの情報公開や自己決定への協力、プライバシーの尊重など受診者様の権利を遵守して医療を行っていきたいと考えております。


医療関係者へのメッセージ
小児の脳性麻痺、脳原性運動障害を中心に行っております。よろしくお願いいたします。


小児科

船戸 正久

経歴 昭和49年 奈良県立医科大学卒業
同   年 淀川キリスト教病院研修医
昭和50年 淀川キリスト教病院小児科勤務
昭和55年 淀川キリスト教病院小児科医長
昭和58年 淀川キリスト教病院小児科部長
昭和61年 大阪市立大学医学部小児科非常勤講師
平成5年  岡山大学医学部小児科非常勤講師
平成11年 大阪市立大学学位(医学博士)取得
平成16年 淀川キリスト教病院医務部長、周産期母子センター長
平成21年 淀川キリスト教病院副院長、大阪大学医学部小児科臨床教授
平成23年 大阪発達総合療育センター重症心身障害児施設フェニックス園長
平成24年 神戸大学医学部疫学分野非常勤講師
      神戸大学医学部保健学科非常勤講師
      関西医科大学特別招聘講師
専門・専攻分野 小児科、新生児学・発達神経学・小児神経学
在宅医療・臨床倫理学
専門医、所属学会等 日本小児科学会専門医・日本小児神経学会専門医
日本小児科学会代議員・日本新生児成育医学会評議員
日本小児保健学会、日本重症心身障害学会
ご挨拶

今までの新生児・小児神経学の経歴を生かし、新たな重症心身障害児医療・療育の分野での臨床に携わっていきます。
ご本人のニードに沿って、医師・看護師・リハ職員・介護職員・保育士・HPS(Hospitalplay specialist)などと良いチームワークで総合的な発達・療育・在宅支援を行いたいと思います。
ご家族も是非私たち支援チームの一員になっていただきたいと思います。

竹本 潔

経歴
平成2年 北海道大学医学部を卒業
平成2年 大阪厚生年金病院小児科
平成5年 大阪大学医学部小児科学教室
平成6年 国立大阪病院(現国立病院機構大阪医療センター)麻酔科
平成8年 大阪府立千里救命救急センター
平成9年 日生病院小児科
平成11年 阪南中央病院小児科
平成18年 大阪発達総合療育センター
専門・専攻分野 小児科全般、重症心身障害医療、呼吸器、感染症
専門医、所属学会等 日本小児科学会専門医、麻酔科標榜医、インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本小児科学会、日本小児呼吸器疾患学会、日本重症心身障害学会、日本小児感染症学会
ご挨拶

患者さんへのメッセージ
よくお話を伺い、ご両親といっしょに考えさせていただき、わかりやすい説明を心がけています。
どうぞお気軽にご相談ください。


医療関係者へのメッセージ
重症心身障害児病棟での呼吸ケアに積極的に取り組んでいます。Intrapulmonary percussive ventilation(肺内パーカッションベンチレーター)やMechanical In-Exsufflation(カフアシスト)などの排痰補助器械やNPPV(非侵襲的陽圧換気)の積極的な導入によって下気道感染の予防や中長期的な呼吸機能の維持・改善を目指しています。また、在宅重症児、特に医療的ケアの必要度が高いいわゆる超重症児のショートステイの受け入れも私たちの重要な責務と考えて取り組んで参りたいと思っています。

飯島 禎貴

経歴 平成13年3月 山梨医科大学医学部医学科卒業
平成15年5月 順天堂大学医学部附属順天堂医院 小児科 入局
平成23年4月 大阪発達総合療育センター 小児科に勤務
専門・専攻分野 小児科 小児神経科
専門医、所属学会等 日本小児科学会專門医
日本小児科学会
日本小児神経学会
日本重症心身障害者学会
ご挨拶

患者さんへのメッセージ
念願の重症心身障害児・者の皆さんの医療に専門的に関われるようになりました。患者さんと御家族の安心と安全のため、働いて参ります。


医療関係者へのメッセージ
NICUがある小児急性期病院で働いていた経験を活かし、入院医療から在宅医療への橋渡しが出来ればと考えております。御家族が安心して在宅医療を迎えられるように、御家族と医療従事者の想いの橋渡しをしたいと思っています。


訪問診療科

和田 浩

経歴 1991年 徳島大学医学部医学科卒業
1991年 神戸大学医学部小児科
1992年 加古川市民病院小児科
1993年 愛仁会高槻病院小児科
1997年 愛仁会千船病院小児科
1998年 神戸大学大学院 医学研究科 卒業,医学博士
1998年 淀川キリスト教病院小児科
2014年 大阪発達総合療育センター訪問診療科・小児科
専門・専攻分野 小児科学、新生児学、発達神経学、在宅医療学、緩和医療・グリーフケア
専門医、所属学会等 日本小児科学会専門医・指導医
日本周産期新生児医学会新生児専門医
日本小児科医会地域総合小児医療認定医
こどもの心相談医
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
PALS プロバイダー
日本周産期新生児医学会 評議員
日本未熟児新生児学会 評議員
日本小児科医会、日本重症心身障害学会、日本在宅医療学会、日本臨床倫理学会、日本臨床死生学会、日本人類遺伝学会、日本音楽療法学会
ご挨拶

2014年4月より新設されました 訪問診療科にて、文字通りご家庭への往診を中心に従事しております。
これまで急性期病院にて 小児科・新生児科医師として、NICU(新生児集中治療室)と小児科外来を中心に、新生児医療と発達支援に携ってまいりました。 その中で「家」 ― おうち ― に帰ること・いることの大きさと貴さ、また大変さを目の当たりにし、訪問診療への思いを抱きました。 また、診療を通じ 患児とご両親から言葉を超えた多くの大切なものを受け取らせて頂き、そして「悲しみのケア」の大切さにも気付かされてまいりました。 微力ではございますが、患児・患者さまとご家族の幸せに少しでも寄与し、また悲しみに寄り添うことが出来ましたら幸甚です。 宜しくお願いいたします。


歯科

中村 由貴子

経歴 平成7年3月 岡山大学歯学部卒業
平成7年4月 岡山大学歯学部小児歯科学講座入局
平成11年4月 神戸医療生協 協同歯科 小児・障害児(者)治療部入職
平成14年6月 南大阪療育園 入職、現在に至る
専門・専攻分野 小児歯科・障害者歯科
専門医、所属学会等 日本小児歯科専門医・日本障害者歯科認定医
ご挨拶

患者さんへのメッセージ
お口や歯といった狭い領域を通しての関わりではありますが、健やかな生活を、成長をお手伝いできればと思っています。歯科診療にかかる時間は比較的短いので実際にお子さんと関わる時間は少ないのかもしれませんが、その時々最善を尽くし、それを継続的に積み重ねてゆく事でお子さん・保護者の方との関係を深めてゆきたく思います。


医療関係者へのメッセージ
当歯科では小児歯科をベースに、様々な障害特性や発達段階に応じた歯科疾患の予防・治療をプランニング・実施しています。お子さんがより楽に歯科診療に適応でき、時には達成感や自信につながるよう、配慮・工夫を欠かさずに、スタッフ一同で長期的なサポートを行なってゆきたいと考えています。