整形外科医師、小児科医師、中途採用・新卒採用の看護師を募集 大阪発達総合療育センター 採用情報

医師・看護師の採用について

整形外科医師、小児科医師、中途採用・新卒採用の看護師を募集

1970年、前身の聖母整肢園が開設され、日本で初めて脳性麻痺の早期治療(0歳から)を開始。
以降「南大阪療育園」と改称し、脳性麻痺児を含めた小児整形外科病院として発展してきました。
大阪市から当園が重症心身障害児・者施設の運営主体として選定され、
2006年4月より従来の肢体不自由児施設に加えて、重症心身障害児・者施設を運営開始することになりました。
さらに建物の全面的な建て替え工事を行い、2007年3月に完成。すべての施設の運営がスタートしました。
特に、看護基準7対1を採用しており、安定的な運営のために人材を募集しています。

募集職種 【中途採用】
 ◆看護師 ◆整形外科医師 ◆小児科医師 ◆内科医師 ◆麻酔科医師
 ◆介護福祉士 ◆保育士 ◆介護職員(非常勤)
【新卒採用】
 ◆看護師 ◆介護福祉士 


大阪発達総合療育センターは、0歳児からの「早期治療」はもとより、「大人になっても利用できる施設」として、地域に密着した、障害児・者、そして、その家族や周りの方たちを含めた、リハビリテーションや治療、精神的ケアを一人ひとりの一生を通じて、支援していくことを目的とした社会福祉法人です。

他人に対して一生の責任を負う、そんな仕事を一緒に一生懸命、共に学びながら成長していくことのできる医師や看護師の仲間を求めています。


【職場環境】

医師たちの回診途中の会議。その都度、何かあれば、話し合いながら。

手を握る。声をかける。些細なことでも心の医療には大切なスキンシップ

気になる症状があれば個室で診察。看護師と連携を取りながら処置


手作りのスヌーズレン室は、フェニックスの人気スポット。心も身体も癒されます。

子どもたちの大好きな絵本の時間。読んでいる私たちも童心に帰る大切なひとときです。

楽しい食事時間。一人ひとりに合わせた「食べやすい形態」「食べやすい看護」「食べやすい関わり」を心がけています。


wiiは年中流行ってます!野球やボーリング、お互い選手になりきって、さぁ対決!

洗濯は隠れたなでしこの役割活動。心も洗濯したりして...。

パソコンでネットサーフィン!好きな歌やビデオ...自分だけの楽しみを広げていきます。


医療機関名社会福祉法人 愛徳福祉会 南大阪小児リハビリテーション病院
所在地〒546-0035 大阪市東住吉区山坂5丁目11番21号
TEL06-6699-8731(代表)
メールアドレス saiyo@osaka-drc.jp
URL http://osaka-drc.jp
アクセス

〈JR阪和線〉をご利用の場合……………鶴ケ丘駅下車 東へ徒歩約5分
〈地下鉄御堂筋線〉をご利用の場合……西田辺駅下車 南東へ徒歩約15分
〈大阪市営バス〉をご利用の場合………3号系統・54号系統/山坂3丁目下車 南へ徒歩10分
※車でのご来院は、患者さんと患者さんのご家族の方のみとなっておりますのでご協力ください。

http://osaka-drc.jp/access.html

代表者 理事長 梶浦 一郎
設立 1970年5月/「聖母整肢園」として開設
その他 【診療科目】
整形外科、小児科、小児外科、歯科、リハビリテーション科、泌尿器科、児童精神科

【施設認可】
日本整形外科学会認定研修指定
日本リハビリテーション医学会認定研修指定
障害者施設等入院基本料 7対1
総合リハビリテーション施設

【概  略】
建物面積:約7818平方メートル 鉄筋コンクリート6階建て

フロアご紹介:
5F   生活介護・児童発達支援事業 なでしこ、厨房、地域交流スペース
4F   医療型障害児者入所施設 フェニックス、ショートステイ
3F   医療型障害児者入所施設 フェニックス、ショートステイ
2F   医療型障害児入所施設 わかば、手術室
1F   各診療室、児童発達支援センター ふたば、リハビリテーション室、障がい児歯科

定 員(名):
医療型障害児入所施設(主として肢体不自由児)(40)
児童発達支援センター(20)+保育所等訪問支援事業
医療型障害児入所施設(主として重症心身障害児)+療養介護事業(60)
児童発達支援事業(5)+生活介護事業(主として重症心身障害者)(15)
児童発達支援センター(24)+保育所等訪問支援事業
児童発達支援センター(主として難聴児24)+保育所等訪問支援事業

【基本運営方針】
1) 保健・医療・福祉の緊密なチーム活動をもって生活支援をおこないます。

2) 行政機関・医療機関および各種社会資源と連携しその組織化に努めます。

3) 広く地域社会に法人の活動に対する理解と参加を呼びかけます。

4) 職員は個々の専門性の向上に努めるとともに、法人運営に積極的に参加します。

整形外科医師、小児科医師、中途採用・新卒採用の看護師の募集