文字サイズ

お電話でのお問合わせ

06-6699-8731

医療サービス

整形外科

大阪発達総合療育センターの整形外科では、小児整形外科全般にわたる診療をおこなっています。とくに、脳性まひに代表される乳幼児中枢性運動神経まひに対する診断と治療に力を入れており、専門外来として「プレーリーくん側弯外来」「ボトックス外来」「装具外来」などによるサポートも充実しています。

基本方針

乳幼児期からの様々な整形外科疾患に幅広く対応し、診断や一時的な治療だけでなく長期展望に立った支援によって、子ども達のQOLの恒常的な工場を図ります。

特徴

小児整形外科 全般にわたって 診療しています。
脳性まひに代表される乳幼児中枢性運動神経まひに対する診断と特化された治療を実践します。
中枢性運動神経まひに起因する脊柱側弯症に対する包括的治療(プレーリーくん側弯外来および短期集中リハ入園)を展開しています。
四肢先天異常を有する子ども達とそのご家族に対して、手術治療・リハビリテーシヨン・装具療法などの医療面だけでなく日常生活、学校生活などの社会面や精神面のサポートを提供します。
子ども達の能力に応じて、整形外料手術とリハビリテ-ションにより座位姿勢の安定化・立位姿勢保持の向上・移乗動作や床上動作の改善・効率の良い歩行の獲得を図り、子どもたちの持つ運動機能の適正化をめざします。
上肢の機能改善に取り組み、子どもたちの積極性を引き出して日常生活での自立をめざします。

整形外科の扱う疾患

四肢先天異常

  • 多指症、合指症
  • 脛骨列形成不全(先天性脛骨欠損)
  • 腓骨列形成不全(先天性腓骨欠損)
  • 橈側列形成不全(先天性橈骨欠損、母指形成不全)
  • 尺側列形成不全(先天性尺骨欠損、小指形成不全)
  • 中央列形成不全(裂手、裂足)
  • 先天性絞扼輪症候群
  • 先天性多発性関節拘縮症
  • 先天性下腿偽関節症
  • 短合指症、屈指症、斜指症、など

骨系統疾患

  • 小人症(低身長)、四肢短縮、骨形成不全症、軟骨無形成症、代謝性骨疾患、など

麻痺性疾患

  • 分娩麻痺(腕神経叢麻痺)、脳性麻痺、二分脊椎、末梢神経麻痺、など

股関節疾患

  • 先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、など

下肢変形

  • 内反足、外反足、凹足、O脚、X脚、脚長差、歩容異常、など

腫瘍

  • 骨腫瘍、軟部腫瘍

その他

  • 筋性斜頚、側弯症などの脊椎変形,など

設備

  • 手術室

    手術室

  • 手術室

    手術室

  • 手術室

    麻酔科医・整形外科医・看護師による手術中の様子

  • 手術室

    麻酔科医・整形外科医・看護師による手術中の様子