文字サイズ

お電話でのお問合わせ

06-6699-8731

入所サービス

医療型障害児入所施設(主として肢体不自由児)「わかば」

医療型障害児入所施設(主として肢体不自由児)「わかば」イメージ

医療型障害児入所施設(主として肢体不自由児)「わかば」は、お子さまの症状に応じて、整形外科手術・検査・リハビリテーションを行い、身体機能の向上・回復をはかります。
医師・療法士・看護師・保育士・介護福祉士・生活指導員・HPS・学習指導員などの支援のもとに規則正しい生活を送り、日常生活動作の習得・向上を目指します。また、たくさんの仲間と過ごす中で、自立心と社会性を養います。

基本方針

子どもとご家族が安心して過ごせる病棟を目指します。日頃の治療・療育が生活場面で活かされるように多職種で連携して支援します。

特徴

介護・看護

24時間、お子さまの生活に寄り添いながら、お子さまの健康状態を最善に保ち、楽しく目標達成できるように支援しています。

HPS

HPSは治療に対するプレイ・プレパレーション、ディストラクションを行いながら、不安や苦痛を最小限にするように取り組んでいます。

保育

保育士が、季節や行事にそった遊びや製作をしたり、公園などに散歩に出かけ自然や社会に触れ合うことを楽しめるよう支援します。
お子さまの一人ひとりの成長発達を理解し、成長していくきっかけやその過程を大切にした保育を提供します。

学習指導

学習指導員がお子さまの学年や障害の特徴に合わせ、学習が楽しくなるきっかけや入院中に学習の遅れがないように学習指導を行います。学習の時間を通して、入院中のストレスや日常の悩みにもお答えします。

ギャラリー

  • 申送り風景01

    申送り風景

  • 学習指導02

    学習指導