文字サイズ

お電話でのお問合わせ

06-6699-8731

通所サービス

あさしお診療所

あさしお診療所イメージ

児童発達支援センターである、あさしお園に隣接しています。
ボバースコンセプトに基づき理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っています。乳幼児期から、お子様に必要な課題について評価し、個々の特性に応じて計画的にリハビリテーションを進めていきます。

基本方針

子どもとご家族が家庭や地域で、楽しく生活が送れるよう乳幼児期から、お子様の発達を促進するリハビリテーションに全力で取り組みます。

特徴

  1. 乳幼児期からリハビリテーションを中心とした医療を提供します
  2. ボバースコンセプトに基づき理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が家族の育児を援助し、成長・発達促進のために計画的にリハビリテーションを進めます
    理学療法では、主に座る・立つ・歩くなどの姿勢を保つ力や、移動すること、姿勢を変えることなどの能力を促進します。
    作業療法では、日常生活に必要な動作や遊びが成功するよう働きかけます。器具や自助具など生活環境の調整も考えます。
    言語聴覚療法では、口腔機能を改善し、食べること、嚥下することを促します。意思伝達手段についても働きかけます。
  3. 整形外科医師の指示のもと、義肢装具士、療法士が装具・器具を検討し、作製します
  4. 併設するあさしお園での療育場面で成功体験が積み重なるよう、療法士・看護師が保育士・心理士などの多職種と連携して活動を支援します。
  5. あさしお園の保育所等訪問支援、相談支援事業と連携し地域の保育所・幼稚園・福祉施設・教育施設への適応、活動の成功を支援します。
  6. 母体である大阪発達総合療育センターと連携し機能向上、二次障害の予防などの目的で、家族入院やお子様単独での集中リハビリテーションが利用できます。

ギャラリー

  • 01

  • 02

  • 03

  • 04

  • 05

  • 06

  • 07

  • 08